ピアノ教本 おすすめ

初心者がするピアノ教本の選び方で一番多い失敗とは?

ピアノ教本 おすすめ

 

「ピアノが弾けたらいいな」と思う大人はたくさんいます。きっとあなたもそう思っているのではないでしょうか。

 

子供のころにピアノを習いたかったけれど習えなかった方や新しい趣味として始める方、ボケ防止のためにピアノを弾いてみたいと思っている方など、大人になってからピアノ熱が湧いてきたという方は多いですね。

 

これからピアノを習おうと思っている方はピアノ教室に通うかピアノ教本を買って独学で学ぶかの2つの方法がありますが、どちらにしても結局は自主性が必要なので、どちらで習っても大きな差はありません。

 

なので、ほとんどの方が教本を買って独学で学んでいくことを選びます。

 

ところが、いざピアノ教本を探してみると種類が多かったり、どのレベルから始めたらいいのか迷ってしまうのですね。

 

それはそのはずで、まったくピアノに触れてこなかった方からすれば、自分がどの程度できるのかは正確に判断できませんし、簡単すぎたり、難易度が高すぎたり、ちょうどいいレベルのものを最初から選べる方はほとんどいません。

 

だから、これからピアノを始めたい方は「自分のレベルにあった教本を選ぶことができない」という失敗が一番多いのですよ。

 

ただこれは初めてのことなので仕方がないことでもあります。でも、「じゃあどうしたらいいの?」となってしまいますが、そんな方におすすめの初心者のためのピアノ教本があります。

 

それが「30日でマスターするピアノ教本」。

 

これからピアノを弾けるようになりたいと思っている方はこの教本から選ぶことがベストですよ!

 

なぜ30日でマスターするピアノ教本がおすすめなのか?

30日でマスターするピアノ教本がピアノ初心者におすすめなのはなぜかというと、そこには3つの理由があるからです。

 

おすすめな理由1:DVDで繰り返し学べる

 

30日でマスターするピアノ教本には教本と一緒にDVDがついています。

 

ですので、ただ教本を読んで目で見る情報だけでなく、耳からも情報が入ってくるのですね。なので、目と耳でピアノを学ぶことが可能となります。

 

また、教室で学ぶのとは違い、繰り返し映像を見直すことができるので、わからない部分は何度も繰り返して反復練習することができますよ。

 

林修先生で有名な東進ハイスクールと同じシステムとなっているので効果もありますし、自由に学んでいくことができます。

 

 

おすすめ理由2:実践形式で進められる

 

30日でマスターするピアノ教本にはハノンのような体系の練習楽譜もありますが、DVDでは課題曲を提示されていて、それを弾くことでピアノが上達するようにプログラムされています。

 

ですので、弾きたくもない練習を永遠に繰り返すことはなく、いま取り組んでいる曲が弾けるようになれば、ピアノも弾けるようになっているという状況になるのですね。

 

余計な時間が取られないので、効率よく進めていくことができますよ。

 

おすすめ理由3:課題通りの順番に進めることで上達する

 

30日でマスターするピアノ教本は第1弾から第6弾まで課題曲があります。

 

1弾ごとに2つの課題曲が掲載されているのですが、この課題曲をクリアしていくことでピアノの腕前も上達していきます。

 

なので、自分にあったレベルの楽譜をわざわざ探す必要もなく、ピアノの先生が与えてくれる課題をこなせば次第に上達するのですね。

 

 

以上の3つが30日でマスターするピアノ教本をおすすめできる理由になります。

 

30日でマスターするピアノ教本の優れているところとしては「余計なことを考えなくていい」というとことが優れているなと言えるでしょう。

 

あれこれ考えてしまうと頭ばかり動いてしまって、行動ができない、手が動かない状態になってしまいます。ある程度のレベルになるまでは少し機械的にマシーンのように反復練習することも必要です。基礎ができるようになったら苦手なところを集中的に練習するなどの工夫をしていくようにしてください。

 

第1弾〜第3弾のセットが初心者〜初級者向け、第4弾〜第6弾が初級者から中級者向けの内容となっているので、まずは第1弾〜第3弾に取り組んでみるといいでしょう。

 

 

>>30日でマスターするピアノ教本の課題曲はコチラで確認!

30日でマスターするピアノ教本で本当に弾けるようになるのか?

30日でマスターするピアノ教本がこれからピアノを始めたいと思っている方には一番おすすめと言えるのですが、実際にこの教本に取り組んで本当にピアノが弾けるようになるのかというのは気になるところですよね。本当にこの教本に取り組むだけでピアノが弾けるようになるのでしょうか。

 

公式販売サイトには「この教本に取り組んでピアノが弾けるようになりました!」という感想やレビューがありましたが、それはいい評判しか紹介しないでしょうから、弾けるという声はあると思います。けれども、その一方で取り組んでみたけど結局ピアノが弾けるようにならなかったという方も当然いるはず。

 

ただ、公式サイト以外で30日でマスターするピアノ教本に取り組んでピアノが弾けるようになったのかという情報は知りたいとことですよね。

 

そこで、この教本に取り組んで弾けるようになった人はいるのかを調べてみたのですが、実際にこの教本に取り組んでその様子を記録していた方がいました。

 

その方の最初の3ヶ月の記録動画がYouTubeにありましたので載せておきます。一度再生してみてください。

 

 

課題曲(練習曲)は少し違っているようですが、3ヶ月でここまで弾けるようになったのですね。

 

この動画を撮影された方のブログがあったのですが、まったくの初心者でピアノを買うところからブログに書かれていました。

 

決して上手とは言えないかもしれませんが、まったくピアノに触れたことがなくてこれだけ弾けるようになったのなら十分な気はします。

 

苦労した面もあるようですが、30日でマスターするピアノ教本に取り組めばピアノが弾けるようにはなると言えるとは思いますよ。

 

ピアノ教室に通う意味を考えてみよう

ピアノ教本を使って独学で学ぼうと思っているけれども、やっぱりピアノ教室に通った方がいいかなと思う方もいるでしょう。

 

ただ、ピアノ教室に通って練習するのは大人が学ぶ場合はあまりメリットはないと思いますよ。

 

ピアノ教室に通うということは教室に行く移動時間もかかれば、月謝も毎月払うことになります。

 

例えば、教室に通う場合は毎週火曜日と金曜日など日程が決められていますが、急な仕事や家庭の事情で通えなくなることも大人の場合はありますよね。

 

先ほども書きましたが、先生に直接教わろうとDVDで教わろうと結局は自分次第なので、誰かに直接教えてもらうことが大きなメリットになることはあまりないでしょう。

 

特に大人の場合は理解力もありますし、自主性もありますから、わざわざ教室に通う必要はないと思います。

 

子供の場合はピアノ教室に通うことで姿勢やコミュニケーション能力を身に着けるなど、成長過程でピアノ以外のメリットが多いですから非常に意味がありますが、子供と比較すると大人が教室に通う意味は微妙と言えます。

 

 

どうしても通いたい理由があるのなら別ですが、ピアノが弾けるようになりたいということが目的であれば、30日でマスターするピアノ教本で十分でしょう。

 

 

ピアノ教室に通っているから弾けるようになった気になってしまうのは一番問題ですから、ピアノ教室に通いたいのか、ピアノが弾けるようになりたいのかをしっかりと考えてみてくださいね。

 

 

ピアノが上達したいなら練習あるのみ!

ピアノに限ったことではありませんが、ある程度であっても両手で弾けるようになりたいのなら練習することからは逃げられません。練習しないでピアノが弾ける人なんていませんし、どんなジャンルでもその通りだと思います。

 

ただ、初心者の方でありがちなのが「どのくらいの時間練習したのか?」にこだわってしまうこと。ピアノが弾けるようになるためには練習することはもちろんなのですが、「練習時間=弾けるようになる」ではありません。

 

どんなに練習時間を確保しても内容が伴っていなければそれは無駄な時間となってしまいますよ。先ほど「結局は自分次第」と書きましたが、「どんな目的を持って、どのくらいの時間練習ができたか」というところにこだわらないといつまで経ってもピアノが弾けるようになることはありません。

 

ピアノが上達する人に多く共通しているのがしっかりと目的意識を持っているということで、どのくらいの期間でどこまで弾けるようになるかという目的がしっかりしていると自分を律することもできて、効率的に練習することができるようになっています。

 

効率的に練習できるようになれば、ピアノの上達スピードも早くなりますし、ピアノがどんどん弾けるようになるともっと練習したくなるのでさらに上達していきます。

 

こういった好循環に持っていくことができれば、あとは自分で勝手にどんどん練習していくことができるようになりますよ。この好循環を生み出すためにも目的や目標をしっかりとスケジューリングする必要があるでしょう。

 

そのスケジューリングをピアノ初心者でもわかりすく無理なく立ててくれているのが30日でマスターするピアノ教本ですから上手に活用していってピアノを楽しんで欲しいですね。

楽譜が読めなくても弾けるようになるの?

ピアノを始めたいという方の中には楽譜が全く読めないという方もいると思います。小学生の頃に音楽の授業で楽譜の読み方は習っているはずですが、子供の頃はそこまで音楽に興味がなかったという方はまったく楽譜が読めないということもあるでしょう。

 

ところで、楽譜が読めないとピアノが弾けないと思っていませんか?

 

楽譜は読めたに越したことはありませんし、レベルが高くなっていくと楽譜から強弱や弾き方の情報を手に入れる必要が出てくるのですが、別に最初から知識を入れる必要は全くありませんよ。

 

知識がなくてもとにかくピアノに触って音を出しながら楽しむことが大事になります。例えば、泳ぐときに教室で泳ぎ方を細かく覚えてからプールで練習しますか?

 

そういうやり方もあるかもしれませんが、ほとんどはまずはプールに入ってみて見よう見まねで泳ごうとするはずです。泳ぎ方のフォームはそれから学べばいいのです。

 

新しく買ったゲームをやるときにとりあえず説明書を熟読しますか?まずはプレイしてみてわからないことがあったら説明書を読みませんか?

 

 

ピアノの場合もドレミを覚えるのではなく、肌で感じるリズムや知っている曲から楽譜を見てみることで、楽譜が読めなくてもイメージができるようになっていきます。そういったアプローチをすることで楽譜の仕組みを理解していけるので、楽譜が全く読めなくてもピアノは弾けるようになっていきます。

 

そういった工夫がしっかりされているのが30日でマスターするピアノ教本ですから、不安に感じることはありませんよ。

30日でマスターするピアノ教本の悪いところはどこ?

30日でマスターするピアノ教本の悪いところに頭を抱える女性

 

ピアノ教本の中でも最も優れていると言っても過言ではない30日でマスターするピアノ教本ですが、完璧な商品というものはありませんから、何かしらデメリットや悪い部分というものはあります。

 

もちろん、それは30日でマスターするピアノ教本にも言えることでしょう。

 

ではどんなところが悪い点として挙げられるのでしょうか。

 

これに関しては「サポートがついていない」というのが最大の弱点と言えると思います。

 

教本の内容やDVDの内容に関しては充実しているのですが、ピアノ初心者の場合、どこのポイントで壁にぶつかるかがわかりません。

 

人によって難しいと感じる部分は少し違ってくるので、個人的に難しいと感じているところでサポートが受けられないのはこの教本の唯一の弱点と言ってもいいでしょう。

 

跳躍ができないのか、和音が弾けないのか、アルペジオが乱れてしまうのかなど個人個人で課題とするところは違ってくるので、その時にすぐにアドバイスを聞けないというのはピアノ教室に通っている方がすぐに先生に聞けるので優れていますね。

 

 

ただ、独学でピアノを学びたいと思っているのなら、自分で課題を見つけて自分でその課題を解決する方法を探すという作業は避けられない部分でもあります。

 

「できないところがあっても自分で調べて先へ進むんだ!」という覚悟はある程度必要だと思いますよ。もし、それができないのなら30日でマスターするピアノ教本で学ぶのは向いていませんし、そういった方は独学ではなく、ピアノ教室に通って先生に直接レッスンを受けた方がいいでしょう。

 

この点を気にしないのであれば、30日でマスターするピアノ教本で練習すればピアノが弾けるようになっていきますから、覚悟さえあれば問題ないと思いますよ。

30日でマスターするピアノ教本は経済的にもお得!

30日でマスターするピアノ教本はDVDもついていて本格的な教本となっているので価格はそれなりにします。

 

販売価格は第1弾〜第3弾のセットで税込32,184円となっていますから、書店で販売しているような1,000〜2,000円のものと比較すると高い印象はあるかもしれません。

 

ですが、ピアノ教室に通うことと比較するとこの価格は格段に安いのですよ。

 

一般的なピアノ教室の場合、入会金、楽譜代、レッスン料、雑費などもろもろの費用がかかりますが、30日でマスターするピアノ教本ならテキスト代だけでいいのでかなり安いです。

 

 

 

この比較は、このピアノレッスンDVDと同じ回数の全26回分をピアノ教室で受けた場合となっていますが、さらに継続していくとなると費用はかさんでいきます。

 

ピアニストになりたいくらい必死に学びたいのなら、教室に通った方が覚悟もできますし、より真剣に取り組むようになると思いますが、楽しくピアノを学んでいきたいと思っているのなら、30日でマスターするピアノ教本の方がいいでしょう。

 

 

今なら無料特典もついていますし、送料無料、代引き手数料無料などお得に手に入れることができますよ。

 

こういった特典はいつまで続くかわかりませんし、販売自体いつ終了するかはわかりません。タイミングを逃してしまうとチャレンジすることすらできなくなてしまうかもしれませんよ。

 

ピアノに興味を持っていて弾いてみたいと思っているのなら、その気持ちを大事にするべきですし、こんないい環境を手に入れられるわけですから、30日でマスターするピアノ教本でチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

>>30日でマスターするピアノ教本の購入はコチラ! 30日でマスターするピアノ教本公式通販サイト

 


 
プライバシーポリシー