ピアノと電子ピアノの違いは?おすすめはあなた次第!

ピアノと電子ピアノの違い

ピアノと電子ピアノの違いは音や価格などが主な違いとして挙げられます。

 

ピアノはアコースティックなので生音の心地よさがありますが、電子ピアノはデータなのでデジタル音で微差ですが音の温かみが演奏していて違うところがありますね。

 

ただ、価格に関しては電子ピアノの方が安いので、手に入れやすいのは電子ピアノとなっています。

 

 

これが主な違いとなりますが、少し別の視点からピアノと電子ピアノの違いを見てみましょう。

 

予算に余裕があるのならピアノの方がいいですが、電子ピアノの良いところは価格がピアノよりも安いだけでなく、ヘッドホンを使って練習できるという特徴があります。

 

これは電子ピアノの最大のメリットと言えるでしょう。

 

ピアノの問題の一つに騒音がありますが、朝早くや夜中に練習しようと思ってもアコースティックのピアノでは思い通りに練習することはできません。

 

近所迷惑になってしまいますからね。

 

ピアノの発表会当日の朝に少し練習したいという場合や仕事終わりに夜遅い時間帯でないと練習できないという方はヘッドホンが使える電子ピアノの方が融通が利きますよ。

 

キーボードでもヘッドホンを使って練習することができますが、ピアノに近い感覚で練習するのならキーボードよりも電子ピアノの方が適していますし、電子ピアノはピアノとキーボードの折り合いをつけたイメージがちょうどいいかもしれません。

ピアノと電子ピアノ、おすすめはどっち?

ピアノと電子ピアノのどちらを選んだほうがいいのかについては、本人の目的に応じて選ぶのがいいでしょう。

 

ピアノが買えるのであれば本物を選んだほうが気分も上がりますし、練習も楽しくなるので上達が早くなると思いますが、予算に上限があったり、家の構造や土地の場所によって音漏れが気になるようであれば、電子ピアノでも十分な練習をすることはできますよ。

 

 

ピアノ教室に通っていて、定期的にピアノの発表会があったりして本物のピアノを弾く機会があるのなら、普段の練習でもピアノに触れていた方がいいですが、電子ピアノでも練習するという面では問題ないので、「どのくらい真剣にピアノに触れるのか」を基準に選ぶのがいいですね。

 

電子ピアノでも優れた性能を持っているものはありますし、ピアノに触れるという意味では電子ピアノで十分です。

 

ピアノは子供のころから触れておくと、頭の発達が良くなると証明されていますし、大人になってからでも脳を活性化させたり、ボケ防止として効果を発揮することが証明されていますから、どのくらい本気なのかをまず考えて、それからピアノか電子ピアノかを選んでみましょう。