ピアノ教本 おすすめ

初心者がするピアノ教本の選び方で一番多い失敗とは?

ピアノ教本 おすすめ

 

「ピアノが弾けたらいいな」と思う大人はたくさんいます。

 

子供のころにピアノを習いたかったけれど習えなかった方や新しい趣味として始める方、ボケ防止のためにピアノを弾いてみたいと思っている方など、大人になってからピアノ熱が湧いてきたという方は多いですね。

 

これからピアノを習おうと思っている方はピアノ教室に通うかピアノ教本を買って独学で学ぶかの2つの方法がありますが、どちらも結局は自主性が必要なので、どちらで習っても大きな差はありません。

 

なので、ほとんどの方が教本を買って独学で学んでいくことを選びます。

 

ところが、いざピアノ教本を探してみると種類が多かったり、どのレベルから始めたらいいのか迷ってしまうのですね。

 

それはそのはずで、まったくピアノに触れてこなかった方からすれば、自分がどの程度できるのかは正確に判断できませんし、簡単すぎたり、難易度が高すぎたり、ちょうどいいレベルのものを最初から選べる方はほとんどいません。

 

これからピアノを始めたい方は「自分のレベルにあった教本を選ぶことができない」という失敗が一番多いのですよ。

 

ただこれは初めてのことなので仕方がないことでもありますが、そんな方におすすめの初心者のためのピアノ教本があります。

 

それが「30日でマスターするピアノ教本」です。

 

なぜ30日でマスターするピアノ教本がおすすめなのか?

30日でマスターするピアノ教本がピアノ初心者におすすめなのはなぜかというと、3つの理由があるからです。

 

おすすめな理由1:DVDで繰り返し学べる

 

30日でマスターするピアノ教本には教本と一緒にDVDがついています。

 

ですので、ただ教本を読んで目で見る情報だけでなく、耳からも情報が入ってくるのですね。なので、目と耳でピアノを学ぶことが可能となります。

 

また、教室で学ぶのとは違い、繰り返し映像を見直すことができるので、わからない部分は何度も繰り返して反復練習することができますよ。

 

林修先生で有名な東進ハイスクールと同じシステムとなっているので効果もありますし、自由に学んでいくことができます。

 

 

おすすめ理由2:実践形式で進められる

 

30日でマスターするピアノ教本にはハノンのような体系の練習楽譜もありますが、DVDでは課題曲を提示されていて、それを弾くことでピアノが上達するようにプログラムされています。

 

ですので、弾きたくもない練習を永遠に繰り返すことはなく、いま取り組んでいる曲が弾けるようになれば、ピアノも弾けるようになっているという状況になるのですね。

 

余計な時間が取られないので、効率よく進めていくことができますよ。

 

おすすめ理由3:課題通りの順番に進めることで上達する

 

30日でマスターするピアノ教本は第1弾から第6弾まで課題曲があります。

 

1弾ごとに2つの課題曲が掲載されているのですが、この課題曲をクリアしていくことでピアノの腕前も上達していきます。

 

なので、自分にあったレベルの楽譜をわざわざ探す必要もなく、ピアノの先生が与えてくれる課題をこなせば次第に上達するのですね。

 

 

以上の3つの理由から30日でマスターするピアノ教本をおすすめします。

 

第1弾〜第3弾のセットが初心者〜初級者向け、第4弾〜第6弾が初級者から中級者向けの内容となっているので、まずは第1弾〜第3弾に取り組んでみるといいでしょう。

 

 

>>30日でマスターするピアノ教本の課題曲はコチラで確認

30日でマスターするピアノ教本で本当に弾けるようになるのか?

30日でマスターするピアノ教本がこれからピアノを始めたいと思っている方には一番おすすめとされているのですが、実際にこの教本に取り組んで本当にピアノが弾けるようになるのでしょうか。

 

公式販売サイトには「この教本に取り組んでピアノが弾けるようになりました!」という感想やレビューがありましたが、それはいい評判しか紹介しないでしょうから、弾けるという声はあると思います。

 

ただ、公式サイト以外で30日でマスターするピアノ教本に取り組んでピアノが弾けるようになったのかという情報は知りたいとことですよね。

 

そこで、この教本に取り組んで弾けるようになった人はいるのかを調べてみたのですが、実際に取り組んでその様子を記録していた方がいました。

 

その方の3ヶ月の記録がYouTubeにありましたので載せておきますね。

 

 

課題曲は少し違っているようですが、3ヶ月でここまで弾けるようになったのですね。

 

この動画を撮影された方のブログがあったのですが、まったくの初心者でピアノを買うところからブログに書かれていました。

 

決して上手とは言えないかもしれませんが、まったくピアノに触れたことがなくてこれだけ弾けるようになったのなら十分な気はします。

 

苦労した面もあるようですが、30日でマスターするピアノ教本に取り組めばピアノが弾けるようにはなると言えるとは思いますよ。

 

ピアノ教室に通う意味を考えてみよう

ピアノ教本を使って独学で学ぼうと思っているけれども、やっぱりピアノ教室に通った方がいいかなと思う方もいるでしょう。

 

ただ、ピアノ教室に通って練習するのは大人が学ぶ場合はあまりメリットはないと思いますよ。

 

ピアノ教室に通うということは教室に行く移動時間もかかれば、月謝も教本より高くなります。

 

教室に通う場合は毎週火曜日と金曜日など日程が決められていますが、急な仕事や家庭の事情で通えなくなることも大人の場合はありますよね。

 

先ほども書きましたが、先生に直接教わろうとDVDで教わろうと結局は自分次第なので、誰かに直接教えてもらうことが大きなメリットになることはあまりないでしょう。

 

特に大人の場合は理解力もありますし、自主性もありますから、わざわざ教室に通う必要はないと思います。

 

子供の場合はピアノ教室に通うことで姿勢やコミュニケーション能力を身に着けるなど、成長過程でピアノ以外のメリットが多いですから非常に意味がありますが、子供と比較すると大人が教室に通う意味は微妙と言えます。

 

 

どうしても通いたい理由があるのなら別ですが、ピアノが弾けるようになりたいということが目的であれば、30日でマスターするピアノ教本で十分でしょう。

 

30日でマスターするピアノ教本は経済的にもお得

30日でマスターするピアノ教本はDVDもついていて本格的な教本となっているので価格はそれなりにします。

 

販売価格は第1弾〜第3弾のセットで税込32,184円となっています。

 

安いものだと1,500円程度で買える教本もあるので、それと比較すると確かに高いかもしれませんが、ピアノ教室に通うことと比較すると格段に安いのですよ。

 

一般的なピアノ教室の場合、入会金、楽譜代、レッスン料、雑費などもろもろの費用がかかりますが、30日でマスターするピアノ教本ならテキスト代だけでいいのでかなり安いです。

 

 

 

この比較は、このピアノレッスンDVDと同じ回数の全26回分をピアノ教室で受けた場合となっていますが、さらに継続していくとなると費用はかさんでいきます。

 

ピアニストになりたいくらい必死に学びたいのなら、教室に通った方が覚悟もできますし、より真剣に取り組むようになると思いますが、楽しくピアノを学んでいきたいと思っているのなら、30日でマスターするピアノ教本の方がいいでしょう。

 

 

今なら無料特典もついているみたいですし、送料無料、代引き手数料無料などお得に手に入れることができますよ。

 

 

ピアノに興味を持っていて弾いてみたいと思っているのなら、30日でマスターするピアノ教本でチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

>>30日でマスターするピアノ教本の購入はコチラ